2011 国内競技規則書

今朝、MFJ から届きました。

d0091546_10211181.jpg


ざっと斜め読みして気になった変更点(個人的な関心事項)は・・・

【ライセンス】 有効期限の区切りがこれまで12月31日だったが、3月31日に変わった。

【エントリー】 出場料が変更になった(スポーツ傷害基金⇒スポーツ安全保険)。

【参加資格】 IA1とIA2のダブルエントリーはできない。シーズン途中にIA1とIA2のクラス移動はできない。

【参加資格:予告】 2012年(再来年)から25歳以上の者はIA2に参加できない。

【公式練習】 メカニックは指定された場所以外に進入してはいけない(危険なのでスタート練習時にスタート地点にメカニックが入らないようにするということが含まれているらしい)

【リザーブライダー】 最初のライダーがサイティングラップ開始の合図を受けた時点でリザーブライダーは出走の資格を失う(つまりサイティングラップで制限時間内に戻れないライダーがいてもリザーブは代わりに入れないということ)。

【音量規制】 2011年式以降のマシンは2mMAX方式という計測方法に変更される。2mMAX方式とはニュートラルギヤでアイドリングからスロットル急開でRevリミットを1~2秒維持してスロットルを閉じる。測定は3回までで、115dB/A以下。測定位置は車両後輪中心から45度2m、高さ1.35m。
 2010年式以前のマシン、2ストローク、150cc以下の4ストは従来の固定回転数方式。

【昇格】 モトクロス国際B級⇒国際A級の自動昇格は全日本ランキング6位までですが、6位に同点者が複数いる場合は6人を超えることができると明記された(今シーズンのIBopenで適用されている)。

by mx000s | 2010-12-31 10:21 | レース | Comments(0)

<< 10練習車 売却 12月30日 ウインズMXパーク >>